得地内科医院

北海道岩見沢市にある内科、呼吸器内科、消化器内科の得地内科医院です。

〒068-0023 北海道岩見沢市 三条西6丁目11
TEL 0126-23-1515
▲Mobile Site
トップページ»  医院案内

医院案内

診療方針

当院は昭和45年、得地一久理事長が岩見沢市3条西6丁目に『とくち内科・胃腸科』として開業いたしました。
現在は長男 得地史郎(ふみお)院長が主に消化器科、次男 得地令郎(よしお)副院長が呼吸器科を担当しております。

メタボリック症候群をはじめとする一般内科に加え、胃・大腸など消化器系疾患の内視鏡的診断と治療や専門の超音波検査士による肝・胆・膵疾患のスクリーニングを行っています。最新の『経鼻内視鏡』も導入し、より苦痛の少ない検査が可能となりました。

ヘリコバクターピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者さんの多くに感染しており、胃がんを引き起こす細菌として知られています。ピロリ菌除菌治療により潰瘍再発は格段に減少し、胃がん発症のリスクを大幅に減少させることが出来ます。
ピロリ菌感染症認定医である史郎院長はピロリ菌除去治療の経験が豊富で、ピロリ菌の診断、治療を積極的に行っています。また、院内に『ピロリ菌感染診断用分析装置』も備えてあり、検査当日に迅速な診断が可能です。

呼吸器科は、まず禁煙治療に力を入れています。喫煙は、ご本人の健康を害するだけではなく、飲食店など屋内の受動喫煙を介して北海道の高いがん死亡率の原因です。
メタボリック症候群の方には、「糖質制限」が有効です。糖質制限ダイエットの第一人者である、京都高雄病院の江部康二先生の推薦を受けて、一般社団法人日本糖質制限医療推進協会の提携医療機関に参加しております。糖質過剰な生活とがん死亡には関連が疑われており、北海道ではたばこが発癌のイニシエーターで、糖質過剰による高インスリン血症がプロモーターであると思われます。
また、睡眠時無呼吸症候群の方に『CPAP治療』を行っており、同時に「糖質制限」による減量も勧めており、2016年8月、その成功例を本邦第一例(※)として論文発表させて頂きました。

https://apfmj.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12930-016-0029-8

 

診療時間

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:30

【休診日】日曜、祝日、火・木・土午後

 

診療科目

内科、消化器内科、呼吸器内科

 

院内の雰囲気・診療設備


【受付】

 


【待合室】

 


【待合室】

 


【待合室】

 


【個室病室】

 


【個室病室】

 


【バリアフリートイレ】

 


【階段も併設しています】

 


【車椅子対応スロープ】

 


【車椅子】

 


【内視鏡検査室】

 


【内視鏡検査装置】

 


【CT検査室】

 


【超音波検査室】

 


【PSG検査室】

 


【X線検査室】